地盤の強化

電話がかかってくる

宅地造成の基礎知識について

宅地造成の結果、そこに住宅が建つとした場合、どのようなメリットや問題点が考えられるでしょうか。将来的にその場所に住むとすれば、事前にメリットばかりでなく問題点もしっかり把握しておかなければなりません。問題点を知らずに価格だけを見て購入してしまったあと後悔する人も多いのです。 まずは、宅地造成をした場所は大抵は田舎の土地なので、基本的にその価格は安いことが多いようです。 これに対して宅地造成の問題点はその地盤にあります。もし宅地造成をした場所がそれなりの地盤があれば問題ありませんが、地盤が弱い場合はそのままにしておくと大きな地震が起きた時に崩れる可能性があります。

地盤が弱いとされるのは、その土地がもともと沼地だった場所や池があった場所です。沼地だった場所や池があった場所は当然地盤が緩いですので強化をする必要があります。 また、山林を切り崩してそこを住宅にすることが考えられます。これは日本ではよくある光景で、坂道の両脇に住宅が並んでいる事があります。この時に住宅用に土地を慣らすためには土地を平地にする必要があります。この時に利用するのが切り土と盛り土です。切り土というのは斜面になっている土地を断崖絶壁にすることです。 また、盛り土は住宅を建てる土地や駐車場にする土地がない場合、土を盛って利用できる宅地面積を増やすことです。 これらは洪水の時や地震の時に崩れやすいことで有名です。

注目の記事